その他の症状みつばち

睡眠

私達の睡眠の確保の妨げとなっていることは何でしょうか。

厚生労働省の平成27年のデータでは、20~50歳代男性は「仕事」と答える方が最も多く、
20 歳代 31.6%、30 歳代 39.3%、40 歳代 40.5%、50 歳代 32.2%となっています。

20 歳代女性は「就寝前に携帯電話、メール、ゲームなどに熱中すること」が 33.3%と最も多く、
30 歳代女性では「育児」が 32.7%、40 歳代女性では「家事」が 27.9%と最も多いようです。

また、1日の平均睡眠時間別にみると、
6時間未満の方で、男性では「仕事」「健康状態」、
女性では「家事」「仕事」の順で多くなっています。

自分の睡眠の確保のために最も必要としていることは、
20~50 歳代の男性では「就労時間の短縮」、
20 歳代の女性では「就寝前に携帯電話、メール、ゲームなどに熱中しない」、
40 歳代の女性では「家事のサポート」、
60 歳以上の男女では「健康状態の改善」が最も多いです。

1日の平均睡眠時間は、
男女とも「6時間以上7時間未満」と回答した方が多く、
男性33.9%、女性34.2%でした。

睡眠の質に関する項目については、1日の平均睡眠時間別にみると、
6時間未満の方が、男女とも全ての項目において有意に多いようです。

6時間未満の者では、男女とも「日中、眠気を感じた」が最も多く、
それぞれ 44.5%、48.7%でした。

短時間でも長時間でも、よく眠れた!と感じるのが大切みたいです。

ちなみに、よく眠れた!と感じるのは6~7時間が最も多く、
眠れていないと感じるのは5~6時間が最も多いです。

これは、5時間未満のショートスリーパーの人より不満が多い結果が出てます。

小さい頃から、1日8時間睡眠を取るのが良いと教えられてきました。

けれど、長生きするのは7時間だとか、単純に1日の3分の1が8時間だからとも言われています。

人それぞれに、理想の睡眠時間はあるものです。

普段の睡眠時間と、理想の睡眠時間が離れているからといって、
悲観することはありません。

質が大事になってきます。

睡眠時間がなかなか取れないという人は、その分深い眠りを得られるよう、
工夫してみてはいかがでしょうか。

睡眠の質の向上を助ける物として、当院ではオーダーメイド枕の作成を行っています。

あなたの体の構造、状態から適切な枕を作成し、
睡眠中に邪魔をさせません。

仕事や家事、育児など人それぞれ睡眠時間は変わってしまいますが、
睡眠の質であれば誰でも高められます。

人生の3分の1は、睡眠時間です。

あなたの睡眠環境は大丈夫ですか?


  • 交通事故の施術について
  • お客様から頂いた喜びの声
営業時間
9時~12時 / 15時~19時30分
初めての方の最終受付は、 午前中の診療は11時30分、午後の診療は19時までとなっております。

初めての方は、予約時間の15分前にいらして下さい。
※午前・午後の最初のお時間に予約頂いた方は予約時間の10分前にお越しください。
定休日
日曜
所在地
〒260-0033
千葉市中央区春日2-10-8
電話番号
043-216-4639
責任者
中島大輝
  • ブログ
  • 本千葉ありがとう整骨院
  • 千葉寺ありがとう整骨院


西千葉駅×整体部門

西千葉駅×接骨・整骨部門

2012年12月時点



facebookもチェック

page top