その他の症状みつばち

アキレス腱

アキレス腱断裂とは

アキレス腱断裂(あきれすけんだんれつ)とは、
かかとのすぐ上にあるアキレス腱が突然切れ、激痛が起きるケガのことです。

歩行困難となり、救急車で運ばれてくる方が多いです。

歩行はなんとか可能ですが、左右が揃わない歩き方になり、
断裂した方の足でつま先立ちすることはできません。

仕事、日常生活に支障が出てくるので、病院での治療が必要です。


アキレス腱断裂の症状

ほとんどの人が音と激痛のため、
「踵を後ろから蹴られた感じ」
「打たれた感じ」
と表現します。

実際には他の人や物との接触はありません。

この症状はアキレス腱断裂に特徴的な症状ですので、その場で診断がつきます。

次にふくらはぎとかかとの間の部分をよく見ると、
断裂した腱の間が陥凹してできた「くぼみ」がわかります。

断裂後に時間が経過して、ふくらはぎが浮腫となり腫れがでてくると、
このくぼみは消失するので注意が必要です。

アキレス腱断裂は、30~40代で多発し、
一般にバドミントン、バレーボール、テニスなどで発生が多いといわれています。

ダッシュやジャンプ、急に止まる、強く踏ん張るなど、
瞬間的に強い力がかかる動作は足に負担をかけます。

ボウリングでボールを投げた際や、ゴルフで切る例もあり、
ゴルフではボールを上り坂になっているラフに打ち込み、
そこを駆け上る時などが危ないといわれています。

まっすぐ立った状態に対し、つま先を上げる方向に足首の関節を曲げることを「背屈」と呼び、
この動作をすると、アキレス腱は緊張し、断裂の恐れが増します。

坂を上るときやジャンプの着地の時には、この状態になっています。

日常生活でもリスクがあるということは覚えておきましょう。

アキレス腱断裂などの症状の予防にはストレッチが大切です。

特に、運動前のストレッチ(ウォーミングアップ)を意識して行いましょう。

ウォーミングアップには、
・パフォーマンスの向上
・トレーニングの効率化
・ケガの予防
という効果があります。

スポーツは、体の中にある様々な機能を用いて行われています。

ただ、いきなり動き出しても、自分の思い描いたとおりには動き出すことはできないと思います。

そこで、あらかじめウォーミングアップを行うことで、体の各機能を向上させておけば、
いきなり動き出しても体に負担をかけすぎることなく、効率的に動くことが出来ます。

また、ウォーミングアップをすることで、
筋肉や靭帯、腱の断裂であったり、捻挫や関節の痛みなどの予防効果が期待できます。

さらに、あらかじめ体を動かしておくことで、中枢神経を興奮させることが出来るので、
神経の興奮が十分であれば、咄嗟の判断と身のこなしでケガを回避することが出来ます。

ウォーミングアップをすることで、
・筋肉を運動に適した状態にする
・運動に適した呼吸状態に導く
・筋肉に対する神経の伝達を速める
・筋肉、腱、関節の柔軟性を高める
・集中力を高める

このようなことが期待できます。

ウォーミングアップの意味を知っておくことで、
ケガをなくしより運動を楽しんでいただければと思います!


  • 交通事故の施術について
  • お客様から頂いた喜びの声
営業時間
9時~12時 / 15時~19時30分
初めての方の最終受付は、 午前中の診療は11時30分、午後の診療は19時までとなっております。

初めての方は、予約時間の15分前にいらして下さい。
※午前・午後の最初のお時間に予約頂いた方は予約時間の10分前にお越しください。
定休日
日曜
所在地
〒260-0033
千葉市中央区春日2-10-8
電話番号
043-216-4639
責任者
中島大輝
  • ブログ
  • 本千葉ありがとう整骨院
  • 千葉寺ありがとう整骨院


西千葉駅×整体部門

西千葉駅×接骨・整骨部門

2012年12月時点



facebookもチェック

page top